エンタPiX

2006年03月08日

浅田真央とライバル金妍兒

7日に行われたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権第2日、女子ショートプログラム。予選トップ通過の浅田真央は2位に終わり、同じく15歳の、韓国の金妍兒(キム・ヨンア)が首位に立った。(金妍兒画像)
真央ちゃんは大技のトリプルアクセルを決めたものの、続けて跳んだダブルループが1回転となり減点。ライバルの金妍兒ちゃんは荒川静香の必殺技「イナバウアー」まで繰り出したそうです。

2人とも良きライバルとして育ってほしいですね。今からバンクーバーが楽しみです。
[CM] 大豆ノススメ
[CM] JOY-PC
posted by syn at 22:57| Comment(0) | TrackBack(1) | すぽーつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

浅田真央、SPで2位発進
Excerpt: フィギュア:浅田真央は2位スタート 世界ジュニア(毎日)  ▽浅田真央の話 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が決まったのはすごくうれしいけれど、ループが1回転になったのは残念でちょっと複雑。2連..
Weblog: mika;hana
Tracked: 2006-03-09 08:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。